about us

「びわ湖源流の郷 たかしま」について

  高島市は、琵琶湖に注ぐ総水量の38%もの水を生み出す地であることから、「びわ湖源流の郷」としての魅力を活かしたまちづくりを進めています。 高島市の森林から生み出された豊かな水が、地域の魅力を生み出し、琵琶湖に注ぎ、下流域の人々の生活を支える源となっています。

 ところが、今ま で高島に暮らす人々は、豊かな自然や貴重な歴史資産を守ろうと意識して暮らしてきたわけではなかったと思います。 ですが、急速に高齢化が進むと同時に、出生率の低下や若者の市外への流出などで労働人口世代が減少するという問題を抱え、里山などが荒れる現状を見るとき、これからの私たちは、積極的に、そして意識して、こうした高島市の豊かな自然や、歴史・文化資産などを守っていくと共に、安全・安心の暮らしのための取り組みが重要になってきます。

 そして、市民一人一人が力を合わせ、 同時に大都市圏に暮らす人々に田舎体験や安全・安心の食や暮らしなどを提案し、”守るという視点” ではなく、 高島市民と都市圏の人々の双方が力を合わせて守ることが、同時に暮らしを豊かにすることに繋がることを自覚して暮らして行けたらと思います。

biwako-yodogawa

 


団体紹介:NPO法人 e ネットびわ湖高島 は行動します!

  1. 豊かな自然や歴史・文化遺産が残る高島市は、日本人の心の故郷です。その魅力をインターネットで発信することによって、高島市外と市内の人々との架け橋となり、エコツーリズム誘客につなげ、高島市を元気にします。
  2. 観光誘客の次のステップとして、都市住民と高島市民との交流を目指し、最終的には定住促進に結びつくように活動します。
  3. 市内の非営利市民活動団体に対して ICT技術面の後方サポート(中間支援活動)を行います。
  4. 社会をよくするために頑張る非営利活動を応援するため、2017年までに市民活動基金(まちづくりファンド)創設を目指します。

認定NPO法人 e ネットびわ湖高島
理事長 仁賀 定夫
准認定ファンドレイザー